お客様の環境ではCSSが無効になっているため、本来の想定とは異なったレイアウトとなっておりますが、情報は問題無く読む事が可能です。

IRポリシー・免責事項

IR基本方針

当社は、当社の企業活動を理解していただくことによって、株主や投資家をはじめとした全ての市場参加者の皆様との長期的な信頼関係の構築と適切な評価を得ることを目的として、経営戦略や財務状況等に関する情報について「公平」「適時」「正確」に開示してまいります。

情報開示基準

当社では、金融商品取引法等の関係法令及び東京証券取引所の定める適時開示規則等に従って開示を行っております。また、適時開示規則等に該当しない情報につきましても、当社をご理解いただくうえで有用と判断される情報につきましては、可能な範囲で積極的に開示してまいります。

開示方法

適時開示規則に基づく開示事項に該当する情報開示は、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)への登録にて開示しております。また、有価証券報告書等の開示書類は、金融庁による電子開示システム(EDINET)を通じて公表しております。また、適時開示情報伝達システム等にて開示した情報は当社のホームページにて速やかに開示することとしております。なお、適時開示規則等に該当しない情報につきましても、当社をご理解いただくうえで有用と判断される情報につきましては、当社ホームページや報道機関等を通じて開示してまいります。

沈黙期間

決算発表準備期間中に、株価へ影響のある情報が漏洩することを防ぎ情報開示の公平性を確保するため、各四半期決算日の翌日から当該四半期決算発表までの期間を「IR活動沈黙期間」として、決算に関するお問い合わせへの回答等を控えさせていただきますので、ご理解いただきますようお願いいたします。ただし、この期間中に業績予想が大きく変動する見込が発生した場合には、適時開示規則に基づき開示することといたします。

免責事項

当社ホームページに掲載されている計画・見通し等は、当社が掲載時点で入手可能な情報から得られた判断に基づいており、リスクや不確実性を内包するものです。従いまして実際の業績は経済情勢や市場動向の変化等により見通しと大きく異なる可能性があり、当社としてその確実性を保証するものではありません。
当社ホームページに掲載しているIR情報に関して、当社は細心の注意を払っておりますが、その正確性、最新性、有用性についていかなる保証を行うものではありません。情報に誤りがあった場合や、第三者によるデータの改ざん、データダウンロード等によって生じた障害等に関しましても、当社は事由の如何を問わず一切責任を負うものではありません。また、当社ホームページへの情報の掲載は、投資勧誘を目的にしたものではありません。投資をおこなう際には、必ずご自身の判断でなされるようお願いいたします。

PAGE TOP