人材育成Development of Human Resources

人材育成に関する基本方針・求める人材像

東京建物では、付加価値を創造する職場づくりや人材育成の強化、さらに個人最適や部門最適の傾向を払拭して全社最適の視点に立った組織風土への変革を目的として、2012年に人事諸制度の改正を行いました。その一環として、「人事方針」を定め、これをもとに新たな人材育成体系を構築しています。

人事方針
  1. 求める人材の育成
    求める人材像「信頼」される人、「未来」を切り拓く人
  2. 成長を実感できる「働きがいのある職場」の実現

人材育成体系

新卒社員については、入社から5年間を「育成期間」と定め、お客様と接点のある部署へ初任配属(グループ会社への出向を含む)します。また、ビジネス基礎研修(ロジカルシンキング、プレゼンテーションなど)を含む5年間の集合研修プログラムを実施するなど、若手社員の育成に注力しています。

さらに、総合不動産会社の社員として相応しく幅広い見識と経験を積むという目的のもと、新卒入社後の10年間で3部署程度の職務を経験する人事ローテーションを行っています。

職場におけるOJTの育成サイクルを強化するため、指導にあたる管理職向けの研修や新入社員カウンセラー制度を設け、その運用状況を人事部による各社員との定期面談等を通じてモニタリングしています。

中堅社員以降は、社員の「自ら学ぶ」風土を醸成するため、手上げ制(希望者参加型)の社内研修や外部派遣研修の充実を図っています。

管理職向けには、評価者研修やメンタルヘルスラインケア研修といった日常のラインマネジメントの強化に加えて、戦略的視点やマネジメント力を高めるため外部研修機関への派遣を実施しています。

さらに、今後のグローバル展開をにらみ、英語・中国語の語学習得支援や海外派遣研修も行っています。

グループシナジーのためのグループ合同研修プログラム

東京建物グループでは、「中期経営計画~次も選ばれる東京建物グループへ~」のもと、“驚きの価値提供”に向けたグループシナジーの発揮を重点戦略の一つとしています。

その実施策の一つとして、若手社員向けのグループ合同研修があります。

2016年は新卒入社直後に東京建物グループのリゾート施設で『導入研修(4泊5日)』を実施。半年経過後には団結力のさらなる向上を目的として『運動会』を開催しました。

さらに、入社後3年目までさまざまな合同研修プログラムを用意しており、若年層のうちにグループシナジーを発揮しやすい人間関係を築き上げていきます。

グループ合同研修

TOPICSグループシナジーのための新入社員合同大運動会

2016年11月11日、新入社員同士の交流を深めるために、川崎市のとどろきアリーナで「東京建物グループ 新入社員合同 大運動会」を開催しました。グループ7社(東京建物、東京建物不動産販売、東京不動産管理、東京建物アメニティサポート、プライムプレイス、日本パーキング、イー・ステート・オンライン)から新入社員73名と各社の人事担当者23名が参加、7社を3チームに分け、チーム対抗戦を行いました。

新入社員同士がチームを組み、助け合うことで、今後の仕事でもコミュニケーションをとる土台となり、将来的にグループのシナジーにつながっていくことを期待しています。

この運動会には、7社の人事担当者が集まって企画・運営に携わっており、人材育成を通じてグループシナジーの向上を考えることにもつながっています。

グループ新入社員合同 大運動会

「グローバル人材育成のための海外派遣研修

東京建物では、これからのグローバル展開をにらみ、グローバルマインドを高めることを目的として、海外派遣研修を実施しています。

2016年はマレーシアのクアラルンプールに若手社員6名を派遣し、現地企業への訪問や開発物件の視察、ビジネスパーソン等との交流を通じて、グループの事業進出の可能性を検討しました。

また、より実践的な長期のプログラムとして、ミャンマーのヤンゴンにある日系企業に研修生を6カ月派遣。実際の就業体験を通して、肌感覚で現地文化やビジネス動向を理解できる研修を実施しました。今後も、国内外問わず「グローバルで新しい価値を生み出すことにチャレンジしたい」という意欲溢れる人材の育成に力を入れていきます。

海外派遣研修(マレーシア クアラルンプール)