東京建物
ニュースリリース
平成18年6月15日

世界初!ライフスタイル・デコレーション誌「ELLEDECO」が外観、内装など
デザインをプロデュースした新スタイルの分譲マンション

「Brillia Tower KAWASAKI」
7月下旬プロジェクト説明会開催、9月上旬モデルルームオープン

「Suica」を入館認証システムに採用



東京建物株式会社(本社:東京都中央区、社長:畑中 誠)、株式会社ジェイアール東日本都市開発(本社:東京都渋谷区、社長:力村 周一郎)ならびに東日本旅客鉄道株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:清野 智)は、JR川崎駅西口再開発地区において、世界21カ国で発行されるライフスタイル・デコレーション誌「ELLEDECO」のデザイン監修による分譲マンション『Brillia Tower KAWASAKI』(川崎市幸区大宮町、総戸数395戸、34階建)のプロジェクト説明会を7月下旬に開催、モデルルームを9月上旬にオープンします。

1.世界初、ライフスタイルデコレーション誌「ELLEDECO」とのコラボレーション

「ELLEDECO」は、フランスのモード雑誌「ELLE」(約540万部発行)のコンセプトを受け継いだライフスタイル・デコレーション誌です。1987年の創刊以来、暮らしをより快適にするための環境づくりを提案する“ハイセンス”な専門誌として世界21カ国で発行されています。
『Brillia Tower KAWASAKI』は、「ELLEDECO」との本格的コラボレーションという、世界で初めての試みから誕生する新スタイルの分譲マンションです。“ELLEDECOのセンス”を体現できる建築家として同誌が推挙する武松 幸治 氏が、“TOWER for COOL LIFE”というコンセプトのもと、従来のマンションデザインにとらわれることのない先進のスタイリッシュなデザインを追求しました。
『Brillia Tower KAWASAKI』では、「ELLEDECO」というメディアとコラボレーションすることで、同誌が有する暮らしをより快適にするため豊富な情報、ノウハウをマンションの外観、内装に取り入れ、これまでにないスタイリッシュなライフスタイルを提案します。

2.「ELLEDECO」プロデュースによるデザインの特徴

外観デザインには、温かみのある落ち着いた「茶系色」を基調に「白」を用いて色の貼り分けを施し、“単調にならないリズム感”と“上質な存在感”を演出します。また、地上から上空に向けて徐々に色調が薄くなるグラデーションを採用し、高層建築に囲まれた街並みにありながらも“圧迫感を与えないやわらかさ”を実現しています。
プライベートスペースにおいても、武松氏と「ELLEDECO」による独創的な発想のもと、リビングルームやキッチン、ベッドルームといった従来型の部屋割りにとらわれない居住空間を提案します。ライフスタイルに応じてフレキシブルに活用できるよう、自由度の高い空間構成にこだわりました。また、居住空間をスタイリッシュに演出するため、内装デザインには「ELLEDECO」が厳選したカラースキームを取り揃えました。ライフスタイルや家具、インテリアなどに合わせてお好みの色使いを選ぶことができます。

3.「Suica」をマンションの入館認証セキュリティシステムに採用

『Brillia Tower KAWASAKI』では、マンションの入館認証システムに「Suica」を採用。お手持ちの「Suicaカード」や「モバイルSuica」を使用して、エントランスやエレベーターホール等のオートロックを解錠できます。駅の改札からマンションの入館にいたるまで、「Suica」がアクセスをスマートにします。

4.東京に、横浜に、抜群の交通利便性と充実の生活利便性に恵まれたJR「川崎」駅とペデストリアンデッキで直結徒歩6分

『Brillia Tower KAWASAKI』が隣接するJR川崎駅は、品川駅まで9分、横浜駅まで8分※1と、東京、横浜両方面へのアクセスに優れています。さらにマンションエントランスからJR川崎駅西口まではペデストリアンデッキ※2を通って直接アクセスできます。
また近年の再開発により、音楽ホールやレストランなどを備えた「ミューザ川崎」や2006年秋にオープン予定の「LAZONA(ラゾーナ)川崎」など、川崎駅西口エリアには複合商業施設が充実しています。

※1 川崎駅より東海道本線快速利用
※2 ペデストリアンデッキ・・・歩行者の安全などを考慮し車道と分離した歩行者用の高架通路


<『Brillia Tower KAWASAKI』物件概要>

事業者 東京建物株式会社
株式会社ジェイアール東日本都市開発
東日本旅客鉄道株式会社
所在地 神奈川県川崎市大宮区28番2他(地番)
交通 JR東海道線/京浜東北線/南武線「川崎」駅 徒歩6分
敷地面積 5,404.70m2
建築面積 3,242.22m2
建築延床面積 40,526.25m2
構造・規模 鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造、地上34階建、地下1階、搭屋1階
総戸数 395戸
住戸専有面積 45.47m2 〜131.49m2
間取り 1LDK〜4LDK
駐車場台数 185台
建物竣工時期 2008年10月下旬(予定)
入居時期 2008年10月下旬(予定)
設計・施工 三井住友建設株式会社
管理会社 株式会社東京建物アメニティサポート
販売提携(代理) 東京建物不動産販売株式会社
販売スケジュール 2006年7月下旬 プロジェクト説明会開催(予定)
2006年9月上旬 モデルルームグランドオープン(予定)
2006年10月下旬 販売開始 (予定)

<東京建物のマンションブランド「Brillia」について>

「Brillia」のブランドアイデンティティは、“洗練された住まい”、“住んでからの安心”です。「Brillia」の「安心」への取り組みとして、東京建物では、マンションをご購入いただいたお客様に建築途中の状況をご確認いただく「建築現場見学会の開催」を標準化しています。
また、マンション完成後のアフターサポート体制においても、「業界団体の基準を大きく上回るアフターサービス規準を設定」するとともに、首都圏の「Brillia」物件では、「マンション管理を行う株式会社東京建物アメニティサポートによる年1回の建物(共用部)目視点検」や、「リフォーム等を手掛ける株式会社東京建物テクノビルドによる5年・10年・15年目の住戸内無料点検」を標準化しています。


<ライフスタイル・デコレーション誌「ELLEDECO」について>

「ELLEDECO」は、フランスのモード雑誌「ELLE」(約540万部発行)のコンセプトを受け継いだライフスタイル・デコレーション誌です。1987年の創刊以来、暮らしをより快適にするための環境づくりを提案する“ハイセンス”な専門誌として世界21カ国で発行されています。

創刊 1987年/フランス
※日本では1991年、「エル・ジャポン」増刊号として創刊され、1993年4月号より隔月刊誌となる。
発行地域 フランス、スペイン、アメリカ、ドイツ、スウェーデン、オランダ、イギリス、香港、イタリア、ギリシャ、日本、タイ、クロアチア、南アフリカ、ノルウェー、ポーランド、インド、ロシア、アルゼンチン、 中国、トルコなど21カ国版を発行。
※2006年4月現在
発行部数 60,000部
※日本のみ

<「ELLEDECO」デザインチーム>

武松 幸治(たけまつ ゆきはる)氏 プロフィール

略歴 1963年 長崎県生まれ
1986年 多摩美術大学美術学部建築科 卒業
1986年 株式会社ユニテ設計・計画 入社
(1987年 都市建築ワークショップ ロンドンAAスクールサマーセミナー 参加)
1988年 株式会社クリエイティブ・インテリジェンス・アソシエイツ 入社
1990年 ブロンソン・コーツ・アーキテクチャー 勤務(ロンドン)
1991年 E.P.A環境変換装置建築研究所一級建築士事務所 設立
受賞歴 1995年 東京都建築士会 平成7年度住宅建築賞 受賞

住宅建築、店舗設計はもとより、東京都美術館「イームズ・デザイン展」やカルティエ現代美術財団(パリ)「横尾忠則展」など、展覧会や現代美術展の会場構成も多数手掛けている。また、恵比寿トランスビルやブリティッシュ・カウンシル「GREAT BRITS展」等で見せた斬新かつ実験的な建築プロジェクトで大きな注目を集める。アーティストとしての活動も活発に行い、毎年ロンドンで行われ世界のデザイナーが注目する「100%デザイン」にも出展している。

閉じる