東京建物
ニュースリリース
平成21年11月20日

敷地面積約14000m2超、総戸数356戸の大規模マンション

「Brillia City ひばりが丘」販売開始

11月21日(土)より第一期166戸を販売



東京建物株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:畑中 誠)は、西武池袋線「ひばりヶ丘」駅徒歩10分の地(東京都西東京市ひばりが丘2丁目)に建設中の定期借地権付マンション「Brillia City ひばりが丘」の販売を、11月21日(土)より開始しますのでお知らせいたします。

本マンションの位置する「ひばりヶ丘」駅南エリアは、駅前広場に面して西友やパルコなどの大型商業施設や駅前から延びる並木道沿いの商店街、また、数多くの公園や緑が点在する、生活利便性と潤いを兼ねた街並みを形成しています。
特に、西東京市は1000m2以上の公園が35箇所もある都市で、本マンション周辺にも西東京いこいの森公園や谷戸イチョウ公園などの存在する緑豊かで閑静な住宅街となっています。
その中にあって、本マンションは1.4ha超の敷地規模を活かし、敷地内公園や充実の共用施設、家族とふれあう機会を増やす間取りなどを備えた、地上14階建ての大規模マンションとして誕生します。

本マンションは、本年9月のモデルルームオープン以降、多数のお客様がご来場し、高品質で全戸南東・南西向き住戸、定期借地権ならではのリーズナブルな価格、充実の共用施設、駅前商業施設、公園の多い閑静な街並みなどが高い評価を得ている中、第1期として166戸の住戸を販売します。

第1期販売住戸の概要は、間取り2LDK〜4LDK、専有面積61.28m2〜95.94m2、販売価格帯2400万円台〜5100万円台、予定最多価格帯2900万円台(19戸)です。

<「Brillia City ひばりが丘」の主な特徴>

(1)
Brillia品質をリーズナブルな価格で提供する定期借地権マンション
(2)
利便性と住環境整う駅南エリアに立地。駅から現地までは交通安全性高い歩道整備の導線
(3)
全戸南東・南西向きの住戸。安心・安全で快適な住まいをサポートする設備・サービスの導入
(4)
お客様の声を反映したリビング空間「コミュニケーションライブラリー」の採用
(5)
住宅棟と独立した充実の共用施設
(6)
当社「環境配慮型すまいガイドライン」に基づく環境に優しい施策を実施
グランドエントランスと建物北側外観イメージ フォレストオアシス
グランドエントランスと建物北側外観イメージ フォレストオアシス

<「Brillia City ひばりが丘」の主な特徴(詳細)>

(1)
Brillia品質をリーズナブルな価格で提供する定期借地権マンション
■前払地代方式の採用により、月々のランニングコストを軽減
定期借地権方式の採用により購入価格が軽減されるだけでなく、前払地代方式の採用で、通常、定期借地権物件で懸念されるランニングコストを軽減。
(2)
住環境整う駅南エリアに立地。駅から計画地までは交通安全性高い歩道整備の導線
■急行停車駅「ひばりヶ丘」から「池袋」駅まで16分
「池袋」駅まで急行利用で2駅16分。都心主要エリアへのアクセスもスムーズ。
■計画地徒歩10分圏に生活利便施設が完備
駅前には、クイーンズ伊勢丹が入るパルコや深夜1時まで営業している西友などの大規模ショッピング施設が立地。また、計画地5、6分圏にはコープ東京や西友ひばりが丘団地店、病院や金融機関、保育園、小学校も完備。
■歩道が整備された歩車分離の導線
計画地から駅までは、街路樹が植えられた歩道整備の道路による往来が可能。
■潤いと安らぎを感じる公園が点在
計画地から徒歩1分に「はなみずき公園」、徒歩9分に「谷戸せせらぎ公園」、徒歩11分には西東京市最大規模の「西東京いこいの森公園」が立地。
(3)
全戸南東・南西向きの住戸。安心・安全で快適な住まいをサポートする設備・サービスの導入
■全戸が南東・南西向き
採光や通風にも優れた、南東向き211戸、南西向き145戸の構成。
■3段階でガードするトリプルセキュリティの導入
1stガードでは、敷地内に侵入防止のフェンスや防犯カメラを設置。2ndガードでは、建物共用部分にTVモニターつきオートロックシステムや防犯カメラ、3rdガードでは、2重ロック、玄関センサー、防犯サムターンなどを採用。
■地震等の災害に備えた設備・サービス、24時間遠隔監視システム
緊急地震速報サービスや、当社オリジナルの地震防災マニュアル・防災缶(防災グッズの入った缶)を導入。また、共用部設備の異常や室内の火災など、日常の異常事態に備えた24時間遠隔監視システムを導入。
(4)
お客様の声を反映したリビング空間「コミュニケーションライブラリー」の採用
■東京建物未来会議「LISTEN」から生まれたリビング新空間の採用
リビングの一角に、お子様が勉強やお絵かきなどができ、家族とのふれあいをサポートする「コミュニケーションライブラリー」を一部プランに採用。東京建物未来会議「LISTEN」により、お客様の声を商品に反映し誕生したスペース。リビングやキッチンのどこからでも目が届くスペースで、ご家族の趣味や収納スペースとしても活用が可能。
「コミュニケーションライブラリー」イメージ
「コミュニケーションライブラリー」イメージ
「コミュニケーションライブラリー」イメージ
(5)
住宅棟と独立した充実の共用施設
■共用施設を集約した『セントラルコモンズ』を設置
「ゲストルーム」やホームパーティが可能な「キッチンスタジオ」、「キッズルーム」やキッズルームに隣接し奥様の会話も弾む「ミセスラウンジ」などを『セントラルコモンズ』内に設置。
■ホテルライクなサービスを提供するコンシェルジュサービス(一部有償)
居住者のご要望にきめ細やかな対応を提供する窓口として、コンシェルジュカウンターを設置。
■カーシェアリングを採用
ハイブリッド車を含め環境にも優しい低燃費車を2台導入予定(コンシェルジュカウンターにてサポート)。
ゲストルーム グランドラウンジとコンシェルジュカウンター
ゲストルーム グランドラウンジとコンシェルジュカウンター
(6)
当社「環境配慮型すまいガイドライン」に基づく環境に優しい施策を実施
■敷地内に公園や緑の空間を確保
緑豊かな周辺住環境に加え、敷地内にも870m2超の自主管理公園(フォレストオアシス)や季節の花々を植えた小路(グリーンアベニュー)を整備。
■住宅性能評価の省エネルギー等級4を取得
構造躯体の断熱性能、夏期の日射を遮蔽する対策、結露の発生を抑制するための対策などを講じ、省エネルギー対策への評価で温熱環境評価最高の等級4を取得。年間の冷暖房負荷を軽減。
■省エネ、CO2削減に繋がる各種の設備機器を採用
  • 高効率TES熱源機「エコジョーズ」
  • 従来に比べ、約60%の節水を実現した超節水「ECO6シャワートイレ」
  • 断熱性に優れ、結露の発生防止にも効果的な「複層ガラス」
  • 蛍光灯を多用(住戸内玄関には人感センサー付蛍光球ダウンライト、水周りには蛍光球ダウンライトを採用)

以上

【添付資料】

<第1期販売概要>

販売戸数 166戸
間取り 2LDK〜4LDK
専有面積 61.28m2〜95.94m2
販売価格 2488万円〜5168万円
最多価格 2900万円台(19戸)
登録期間 11月21日(土)〜11月28日(土)(28日午後3時登録締切、同日抽選)

<「Brillia City ひばりが丘」計画概要>

事業主 東京建物株式会社、ひばりが丘開発特定目的会社
所在地 東京都西東京市ひばりが丘二丁目1581−12他(地番)
交通 西武池袋線「ひばりヶ丘」駅徒歩10分
敷地面積 14,485.07m2
構造規模 鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)地上14階地下1階
総戸数 356戸
専有面積 61.28m2〜95.94m2
間取り 2LDK〜4LDK
駐車場 228台
竣工予定 平成22年11月下旬
入居予定 平成22年11月下旬
施工 西武建設株式会社
管理会社 株式会社東京建物アメニティサポート
販売代理 東京建物不動産販売株式会社
問合せ先 0120−356−002(「Brillia City ひばりが丘」マンションギャラリー)
ホームページ゙ www.hibari356.jp

<位置図>
位置図

<モデルルーム>

■SKタイプ(専有面積75.52m2
リビングダイニング 主寝室
リビングダイニング 主寝室
洋室 キッチン
洋室 キッチン
■EPタイプ(専有面積86.47m2
リビングダイニング 主寝室
リビングダイニング 主寝室
洋室 キッチン
洋室 キッチン
閉じる